FC2ブログ
エピカリスの社長ブログ HOME > 月別アーカイブ [ 2010年08月 ]
2010年08月26日

●5GHz帯とは?  

5GHz帯は,2.4GHz帯に比べて
通信距離の面で不利なのは出力の問題?
電波の話は今ひとつ不勉強で飲み込みが遅い。

JRC日本無線 無線LAN FAQ

無線LANで5GHz帯というと5.2GHz帯,5.3GHz帯,5.6GHz帯を指します。国内で最初に割り当てられたのは5.2GHz帯(5.15~5.25GHz)で,続いて5.3GHz帯(5.25~5.35GHz)が開放されました。いずれも屋内専用で,それぞれ4チャネルの周波数が指定されています。2007年には5.6GHz帯(5.470~5.725GHz,11チャネル)が開放され,屋外でも5GHz帯を使えるようになりました。
 5GHz帯は,2.4GHz帯に比べて通信距離の面では不利(概ね半分程度の距離)ですが,チャネル数が多く,ISM機器やアマチュア無線などからの干渉がないというメリットがあります。


さて、今日から娘は
日曜日までキャンプだそうな。
夏休みを満喫してるなぁ。


にほんブログ村 デザインブログ 広告デザインへ Chada - MyMiniCity ブログセンターへ

メイン

|

Copyright © 1999-2009 エピカリスの社長ブログ. All Rights Reserved.

/for one column -->