FC2ブログ
エピカリスの社長ブログ HOME > 月別アーカイブ [ 2011年04月 ]
2011年04月13日

●途上国方式?  


ゼロベースで街のインフラを再設計するので
設計によっては物凄く良くなるはずですよね。

無線をベースに被災地を復旧 NTTが温める“途上国方式”|inside Enterprise|ダイヤモンド・オンライン

そこで、通信業界関係者のあいだで注目を集めているのが、数年前に登場した“コンパクトシティ”や“スマートシティ”などの「新しい街づくりの概念」だ。

 たとえば、コンパクトシティは、高齢化と人口減少が進みながらも、広大な土地に集落が点在する過疎地対策として出てきた構想で、街全体を機能別に区分けして再設計し、住民の利便性を上げることを目指す。一方で、スマートシティは、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーを軸にして、家庭や企業と発電所などを通信で結んで次世代の情報インフラをITで制御するという構想で、スマートグリッド(次世代送電網)が中核になる。総務省や経済産業省も色気を見せる新領域だ。


にほんブログ村 デザインブログ 広告デザインへ Chada - MyMiniCity ブログセンターへ blogram投票ボタン

メイン

|

Copyright © 1999-2009 エピカリスの社長ブログ. All Rights Reserved.

/for one column -->