FC2ブログ
エピカリスの社長ブログ HOME > 月別アーカイブ [ 2011年04月 ]
2011年04月14日

●震災の復興事業?  


横浜の山下公園は
関東大震災の瓦礫を
埋め立てて造成された公園です。

あの東関東大震災の瓦礫の山
物凄いことになってましたよね。

関東大震災は1923年9月1日今から88年前。
今回の震災では瓦礫をどうするのか。

横浜線沿線 公園探訪 - 山下公園

1923年(大正12年)9月1日に起きた関東大震災は、横浜の市街、横浜港にも壊滅的な被害をもたらしたが、1925年(大正14年)に横浜市長に就任した有吉忠一によって復興事業が強力に推し進められたという。道路の整備、河川運河の整備、橋梁の整備、学校・病院の新設・改築と並んで、公園事業もまた復興事業の急務とされ、神奈川公園、野毛山公園、横浜公園、山下公園の四公園がこの時に整備された。

震災被害の瓦礫や焼土を埋め立てて造成された山下公園は、日本で最初の臨海公園として1930年(昭和5年)に開園したが、それはまさに震災からの復興を象徴していたと言えるだろう。開園から五年後の1935年(昭和10年)には震災からの復興を祝う復興博覧会が盛大に行われ、数々の展示物が建ち並び、現在は低床花壇に姿を変えている舟溜まりにはクジラが入れられたりして、大いに賑わったのだという。


にほんブログ村 デザインブログ 広告デザインへ Chada - MyMiniCity ブログセンターへ blogram投票ボタン

メイン

|

Copyright © 1999-2009 エピカリスの社長ブログ. All Rights Reserved.

/for one column -->