FC2ブログ
エピカリスの社長ブログ HOME > 月別アーカイブ [ 2013年03月 ]
2013年03月01日

●コカール錠200mg カロナール錠200?  

cl_t200_pu.jpg



先ほど気がついたのですが・・・
青山太子堂薬局で昨日貰ってきた薬の説明と
入ってる薬が違うのですよ。

コカール錠200mgと書かれてるのに
カロナール錠200が入ってました。

熱で朦朧としていたので
全く気がつかないで飲んでしまっていたのですが
危ないですよね。

今回は調べたところ、どちらも同じ成分の
ジェネリック医薬品との事

薬価が少しカロナール錠200の方が8.6と高いですね。

・カロナール錠200 錠 8.6 後発 昭和薬化
・コカール錠200mg 錠 7 後発 三和化学

元々は、アセトアミノフェンなのだそうです。

と言う事で、本日は先ほどまで寝込んでおりました。
朝食べたミニカップラーメンだけが食料・・・。
インスタントも偶に頂くと美味しいですよね。

アセトアミノフェン - Wikipedia

アセトアミノフェン:カロナール

概説 熱を下げたり、痛みをやわらげるお薬です。
作用 作用のおだやかな解熱鎮痛薬です。皮膚の血管を広げて熱を放散させる作用、また、痛みの感受性を低下させる作用があります。ただし、対症療法薬ですので、熱や痛みの原因そのものを治すことはできません。

発熱時のほか、頭痛や歯痛、生理痛などに広く用いられています。坐薬は、子供や赤ちゃんの解熱によく使われています。炎症(腫れ)をとる作用は弱いので、リウマチなど強い炎症を伴う病気には向きません。


にほんブログ村 デザインブログ 広告デザインへ Chada - MyMiniCity ブログセンターへ blogram投票ボタン 

メイン

|

Copyright © 1999-2009 エピカリスの社長ブログ. All Rights Reserved.

/for one column -->