FC2ブログ
エピカリスの社長ブログ HOME > 月別アーカイブ [ 2013年05月 ]
2013年05月03日

●ネスプレッソブティック?  


73349_505017882891515_2113218780_n.jpg


クライアントの帰りに寄ってきましたよ。
日本の旗艦店 ネスプレッソブティック表参道店。

数量限定コーヒーの
「Trieste(トリエステ)」と「Napoli(ナポリ)」も
目出度くゲットして参りました。

テイスティングしなかったので
早速、淹れてみなければ。

C-0062_quickViewMediaFormat.png

Napoli(ナポリ)
味わいの強さは11。力強くはっきりとした味わいで、蜜を思わせるとろりとしたボディが特徴です。リストレットカップ(25 ml)で味わうのがベスト。南米産、アフリカ産、アジア産のアラビカ豆にロブスタ豆を少量加えたブレンドで、木をこがしたようなアロマの香りが立ちのぼります。乾いた紅茶葉のようなニュアンスを添えています。


C-0061_quickViewMediaFormat.png

Trieste(トリエステ)
味わいの強さは9。南米産と東アフリカ産のアラビカ豆を繊細にブレンドし、まろやかさに加えて、香り高いチョコレートやヘーゼルナッツを思わせる香りを楽しめます。イタリア風にリストレットカップ(25ml)で味わえば、爽やかでフルーティなアクセントが繊細さを際立たせ、このコーヒーの濃厚な味わいを引き出します。




Nespresso Limited Edition Trieste & Napoli

数量限定コーヒー「Trieste(トリエステ)」と「Napoli(ナポリ)」、もうお楽しみいただきましたでしょうか? それぞれに際立った特徴を持つこの2種のコーヒーを同時にいれ、アロマや味わいの違いを比べるテイスティングも、ぜひ一度お試しください。

【クレマ】
Napoli(ナポリ)のクレマはTrieste(トリエステ)よりも濃い色をしています。この違いはNapoli(ナポリ)の方が焙煎時間が長いため。また、この2種類のコーヒーのブレンドの違いも影響していいます。Napoli(ナポリ)は、ロブスタ豆と非常にスパイシーなアラビカ豆をブレンド。Trieste(トリエステ)はアラビカ豆のみを使用しています。

【アロマ】
Napoli(ナポリ)で淹れたコーヒーからは木をこがしたようなアロマが香ります。これおは長時間ローストされたコーヒー豆がもつ、特有のアロマです。そしてTrieste(トリエステ)で淹れたコーヒーは、非常に豊かなアロマが特徴。ブラジル産のコーヒー豆や繊細な東アフリカ産の生豆を使っているため、チョコレートとヘーゼルナッツを思わせる香りがします。

【味わい】
Napoli(ナポリ)は、強い個性を持っていることがすぐに分ります。一方Trieste(トリエステ)は、繊細でまろやかな味わいです。Napoli(ナポリ)にはわずかに苦味がありますが酸味はなく、余韻の長い後味が特徴です。Trieste(トリエステ)は、コロンビア産ののコーヒー豆が醸し出す僅かなフルーティな味わいが、繊細さを引き出しています。

【ボディ】
Napoli(ナポリ)は、蜜を思わせるとろりとしたボディが特徴です。これは長時間のローストと、コーヒー豆の原産地によるもの。対照的に、Trieste(トリエステ)はシルクのようななめらかさのあるコーヒーになります。


にほんブログ村 デザインブログ 広告デザインへ Chada - MyMiniCity ブログセンターへ blogram投票ボタン 

メイン

|

Copyright © 1999-2009 エピカリスの社長ブログ. All Rights Reserved.

/for one column -->