FC2ブログ
エピカリスの社長ブログ HOME > 月別アーカイブ [ 2013年10月 ]
2013年10月06日

●山田流と生田流?  




母の琴が有るのですよ。
山田流だとかで。

娘が次回のピアノ発表会の時に
琴も演奏するとか。

通ってるピアノ教室の先生が生田流で
爪の形が違ったりするのですよね。

生田流が上方で
山田流がお江戸なのかな。

箏曲 - Wikipedia

山田流
上方で箏曲が早くから隆盛していたのに比べ、中期まで江戸ではあまり人気がなかったのか、演奏する人が少なかった。そこで総検校の安村検校(1732年検校登官)は、江戸への勢力拡大を図り、弟子の長谷富検校を江戸へ下らせ、生田流系箏曲を広めさせたと言われる。その弟子山田松黒に教えを受けたのが山田検校斗養一であった。彼は江戸っ子好みの浄瑠璃を取り入れた新作を作り、山田流箏曲を創始した。山田は大変な美声の持ち主で、銭湯で歌ってはその技と曲を知らしめたと言う。かれはまた箏の改良も試み、より音量の大きな箏を完成させた。これを山田箏と呼び、現在では生田流諸派においても広く山田箏が愛用されている。こうして山田流箏曲は江戸人の嗜好に合い、以後江戸を中心に東日本に普及して、生田流と肩を並べる大流派となった。山田流箏曲は一中節などの浄瑠璃風の歌が中心である。


にほんブログ村 デザインブログ 広告デザインへ Chada - MyMiniCity blogram投票ボタン 

メイン

|

Copyright © 1999-2009 エピカリスの社長ブログ. All Rights Reserved.

/for one column -->