FC2ブログ
エピカリスの社長ブログ HOME > 月別アーカイブ [ 2019年10月 ]
2019年10月20日

●食品の焦げ? 

Embed from Getty Images



肉類のコゲの方が危険かと思ってましたら
違ったのですね・・・・

餃子とかのパリパリしたところは大丈夫なのかな。





【管理栄養士コラム】食品の焦げを食べるとがんになるって本当!? | 遺伝子検査・DNA検査のMYCODE(マイコード)

がんの発症に関係している可能性がある焦げの成分は2種類あり、じゃがいもや野菜、パンなどの焦げに含まれる「アクリルアミド」と、肉や魚の焦げに含まれる「ヘテロサイクリックアミン」が挙げられています(※1)。この2つを比べると、アクリルアミドの方がヘテロサイクリックアミンよりも発がんへの影響が高いといわれています。今回はアクリルアミドについてご紹介させていただきます。


●MyMini City
ブログランキング・にほんブログ村へ

メイン

|

Copyright © 1999-2009 エピカリスの社長ブログ. All Rights Reserved.

/for one column -->