エピカリスの社長ブログ HOME 雑談 > レオナール・フジタ展?
2008年11月22日

●レオナール・フジタ展? 

main.jpg


1/18まで上野の森でやってますよ
見に行こうかな・・・

その昔、彫刻の森でアルバイトしていたときに
飽きるほど鉛筆画を見たような・・・
当時は絵画館だったかな

レオナール・フジタ展スペシャルサイト ―藤田嗣治 幻の群像大作 日本初公開―
キュレイターズ Curators

レオナール・フジタ展 没後40年 藤田嗣治 幻の連作一挙初公開 | 上野の森美術館にて開催

エコール・ド・パリの寵児として活躍した世界的画家、藤田嗣治(1886~1968)の幻の群像大作4点すべてが日本で初めて一堂に会する「レオナール・フジタ展」が開催されます。
 「ライオンのいる構図」「犬のいる構図」「争闘I」「争闘II」と名付けられたこの連作は、1928年に制作され、いずれも2点1組で縦3メートル、横6メートル。翌年「構図」のみ日本で発表されたのち所在不明で、1992年にパリ郊外の倉庫で発見された大作です。また今回は、その際見つかったパリ日本館壁画と関連する貴重な大作「馬とライオン」も、世界初公開作品として加わります。


にほんブログ村 デザインブログ 広告デザインへ Chada - MyMiniCity

関連記事

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック