FC2ブログ
エピカリスの社長ブログ HOME 雑談 > ゴリラ腕症候群?
2010年10月28日

●ゴリラ腕症候群?  


全てを一つの平面上で行うのは無理がありますよ。
タッチスクリーン操作だけのカメラ?
考えられないです。

いやいや、iPhoneもそうなのですが、
あれは可愛いので許すと。

新MacBook Airでタッチ画面が断念された理由 | WIRED VISION

「ゴリラ腕」とは、タッチ・インターフェースの長時間利用で生じる症状を説明するために、エンジニアによって約30年前に生み出された用語だ。手根管症候群のタッチスクリーン版と言える。『ハッカーズ大辞典』[邦訳アスキー刊]によると、「腕がヒリヒリして痙攣し、まるで大きくなってきているように感じ始める――タッチスクリーンの利用を続けると、操作者は次第にゴリラのような姿勢になり、ゴリラのような感覚に見舞われる」のだという。


にほんブログ村 デザインブログ 広告デザインへ Chada - MyMiniCity ブログセンターへ
関連記事

メイン

コメント

●Re: そうそう、
iPhoneは、昔のフィルムカメラ
「写るんです」と同じ感覚で使ってるかも・・・

今のiPhoneって
パンフォーカスでは無いのでしたっけ(^_^;)

写るんですは良かったなぁ
あのカチって言うシャッター音が小さい所が。

日本は撮影禁止が多いのですが
皆様が静かに観賞してる美術館で
これはメモに撮っておきたい!
っていうのを撮影するのに気兼ねなく使えてました。
●そうそう、
iPhoneカメラでタッチしてフォーカスさせるのが嫌!

「ゴリラ腕」ですか、確かにプルプルしてきそう...
今度何かの時に語彙として使ってみよう!

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

|

Copyright © 1999-2009 エピカリスの社長ブログ. All Rights Reserved.

/for one column -->