FC2ブログ
エピカリスの社長ブログ HOME 雑談 > ゲリラ豪雨増えた原因?
2010年11月02日

●ゲリラ豪雨増えた原因?  


ゲリラ豪雨と集中豪雨は違うらしいですよ。

ヒートアイランドで増えたらしい
ゲリラ豪雨のメカニズムなど分かり易いです。

ゲリラ豪雨 近年増えた原因は?:エコライフ:ECO JAPAN -成長と共生の未来へ-

近年、都市近郊のごく限られた場所にごく短時間、1時間当たりの降水量が数10~100mmという猛烈な豪雨がしばしば発生している。局所的な大雨、あるいは都市型集中豪雨などとも呼ばれる、いわゆる「ゲリラ豪雨」だ。発生の予測が非常に難しいことが「ゲリラ」の由来である。

 2008年8月には豊島区の下水管工事現場で5人が亡くなるなど、大きな被害をもたらす新しい都市型災害とされる。温暖化による異常気象の1つともとらえられているが、発生メカニズムには謎も多い。ゲリラ豪雨はどこまで解明されているのか。今後も多発するのだろうか?


にほんブログ村 デザインブログ 広告デザインへ Chada - MyMiniCity ブログセンターへ
関連記事

メイン

コメント

●Re: 2008年の
意匠太郎さま:

気象コントロールは怖い武器になりますね・・
なにが起こるか判らない。
●2008年の
北京オリンピックの時、中国が気象コントロールのためにロケットを打ち上げて事前に雨を降らせ、北京に雨雲を寄せつけない対策をしたことがありました。

思えば、この2008年の夏は異常な天候が多く、ゲリラ豪雨も中国の気象コントロールの悪影響だと言われていました。

人間が大自然の摂理をコントロールしようなどと奢り高ぶれば、手痛いしっぺ返しを食らうということでしょう。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

|

Copyright © 1999-2009 エピカリスの社長ブログ. All Rights Reserved.

/for one column -->