FC2ブログ
エピカリスの社長ブログ HOME 雑談 > なぜ略奪が無いの?
2011年03月18日

●なぜ略奪が無いの?  


海外から何故略奪が起きないのかと
疑問の声が上がってるようですが、
なぜなのでしょうねぇ。

なぜ略奪するのか
という答えの逆になるのかな。

「なぜ略奪ないの?」=被災地の秩序、驚きと称賛―米 (時事通信) - Yahoo!ニュース

【ワシントン時事】東日本大震災の被害や福島第1原発事故が連日、トップニュースで伝えられている米国で、被災者の忍耐強さと秩序立った様子に驚きと称賛の声が上がっている。「なぜ日本では略奪が起きないのか」―。米メディアは相次いで、議論のテーマに取り上げている。
 CNNテレビは、2005年に米国で起きたハリケーン・カトリーナ災害や10年のハイチ大地震を例に「災害に付き物の略奪と無法状態が日本で見られないのはなぜか」として意見を募集。視聴者からは「敬意と品格に基づく文化だから」「愛国的な誇り」との分析や、「自立のチャンスを最大限に活用する人々で、進んで助けたくなる」とのエールも寄せられた。


にほんブログ村 デザインブログ 広告デザインへ Chada - MyMiniCity ブログセンターへ blogram投票ボタン
関連記事

メイン

コメント

●Re: なぜ略奪しないのか
Sudaさま:

なるほど、
DNAに刻み込まれてるのですか。
●なぜ略奪しないのか
フェースブックから来ました。

「日本人はなぜ略奪しないのか?」

決められたルールを守り、冷静に行動することこそが、愛する人を守るための、最も合理的な行動であるという事を、日本人のDNAは知っている」という一文をどこかのブログで読みました。

な~るほど、と思いました。
●Re: 素朴な疑問
>YAMAYATUさま

今回の災害では疑問が沢山ありますよね。
それと、情報不足?
偏った報道しか耳に出来なかったりしますので
ネットなどで自力で情報収集するしかないですよね。
●Re: 日本人の和というやつ
>YANAYATU さま

いつも読んで頂いてて感謝です。
そうですね、宗教観にも通じる所がありますね。
周りの環境が生物の性格を決定づけると。
●素朴な疑問
今回のとくに福島原発事故において
①天皇陛下はなぜビデオメッセージだった
 のか。
②なぜ日本は30kmでアメリカは80kmなの
 かその根拠は?
 因みにチエノブイりは30km避難でしたが。
③防護服を着ての作業なのに決死の覚悟で
  いたのはなぜか。防護服の意味がないで
はないか。中性子線放出が確認されたか
らか。
④事故後2~3日後に、地下水の汚染と降
  雨 による汚染の拡散が憂慮されたのに
 その善後策を水面下で策定していなかった
 のではないか。
⑤ヘリコプターでの救助物資を落下させるこ
とが認可 されていないのを、時限立法処理
できなかったかたのか。
⑥東電は現状報告と打開策、保安院は善後
策と収拾策、政府は多面的な援用と国策
提示という風になぜ分担できないのか。
⑦事故発生時になぜ米国の支援を断ったの
か.。2度も。米国は最初に大胆な封印策
  を講じたろうに。
※すべての過失は東電にあり。




●日本人の和というやつ
日本は、世界でもまれに気候温暖に恵まれた
特異性により、食物の採取及び摂取において、
定常的に優位性を獲得してきたため、それゆ
え温和な人間性を醸成する環境を提供してき
た。宗教においては顕著であり、不条理を強
いる砂漠での一神教ではなく豊穣な多神教を
奉る余裕があった。それは先鋭的な個人主義
の露出を抑え、各々が無私として寄り添う事
によるムラ的集団性を形成していった。
●Re: タイトルなし
あのコンビニで買うサラダに入ってるドレッシング!?
そうなんだ。
あの容器の発明は凄いよね。
便利すぎる。

ぁ・・・派遣さんで・・・(ぁw

ディスペンパックと言うモノを作ってますwww

●Re: やはり、
>意匠太郎さま

育った環境でしょうかねぇ。

環境というのがどういう単位なのか。
国レベルというか民族レベル?

白人でも日本で生まれ育てば和の精神が育まれるのかな。

とすると地球規模で日本のこころを広めなければ。
●Re: タイトルなし
>じゅん坊。

いまって、コンビニ?
あれ? 車屋さんでしたっけ?

外人さんの居る職場ですか!?w
●やはり、
我々の根底には善くも悪くも「和」の精神があるのからなのかな。
「災害には略奪がつきもの」という考えそのものが日本人には相容れない。

成熟した国際社会、グローバル、ボーダーレスな21世紀は、まさに「和」が尊ばれる。

会社の外人さんにも

「日本人は奥ゆかしい」と言われましたw

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

|

Copyright © 1999-2009 エピカリスの社長ブログ. All Rights Reserved.

/for one column -->