FC2ブログ
エピカリスの社長ブログ HOME 雑談 > Magic Moneyとは?
2012年02月13日

●Magic Moneyとは?  



なるほど。
これなら著作権保持者にも優しい仕組みなのかな。

ユーザは年間使用料を払うので
源泉はそこからと言う事でしょうか。

古本などでもデジタル化で
同じ仕組みの事ができるのでは無いでしょうか。


iTunes Matchが生み出す「Magic Money」とは? | パソコン | マイナビニュース

面白いのは、楽曲のやりとりの過程で発生する料金だ。例えばユーザーが手持ちのCDをプレイヤーで再生したり、PCのHDD内にあるMP3ファイルを再生したとして、楽曲の著作権保持者らはそれらの行為から直接料金を徴収することはないし、実際にする方法がない。得られる収入は、最初に音楽メディアを販売したときに得られるもののみだ。だがiTunes Matchでは、ユーザーがクラウド上に登録した楽曲を再ダウンロードまたはストリーミング再生した場合、使用料がそのつど著作権保持者へのロイヤルティとして支払われる(ユーザーの支払いがそのつど発生するわけではない)。

重要なのはまさにこの点で、過去にiTunes Storeからダウンロード購入された楽曲だけでなく、iTunes Storeを通していない楽曲を含め、すべての楽曲に対し同様の支払いが発生することになる。つまり、いままで売り切り型で2次収入を得る手段がなかった楽曲が、ある意味で未来永劫まで収入を生み出す源泉となるわけだ。いままで存在しなかった収入を生み出す――冒頭でPrice氏が使った「Magic Money」という言葉は、そういうことを意味する。


にほんブログ村 デザインブログ 広告デザインへ Chada - MyMiniCity ブログセンターへ blogram投票ボタン
関連記事

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

|

Copyright © 1999-2009 エピカリスの社長ブログ. All Rights Reserved.

/for one column -->