FC2ブログ
エピカリスの社長ブログ HOME 雑談 > 4G LTEって?
2012年03月10日

●4G LTEって?  


結局名前がよく分からないiPadですが
米国サイトではThe new iPadです。

やはり新しいiPadですか。

iPad3と何故呼ばないのだろう。

それと気になったのが
米国では4G LTE対応とうたってたのに
日本ではLTEがとれて4Gだけになってるのですよね。

SoftBankの4GはTD-LTEなのかなぁ。
よく分からないです。


高速通信サービス「LTE」とは―WiMAXとの比較、ドコモ・auなどキャリアの計画まとめ | アプリオ - Android -

実はLTEには2つの方式がある。ひとつはFDDと言われるもので、現在主流となっている方式だ。もうひとつはTDDと言われるもので、一般的にTD-LTEと呼ばれることが多い。

日本でもFDDが主流で、キャリア各社はこの方式を採用している。一方、TD-LTEもソフトバンク傘下のWCP(旧ウィルコム)がこの方式と完全互換性のある通信方式を採用しており、「SoftBank 4G」としてサービスを開始している。

この2つの方式は、近いようでまったく別物だ。大きな違いは、FDDは音声通信(要するに電話)の利用を前提にしているのに対し、TD-LTEはデータ通信での利用が前提になっている点だ。

このため、FDDは(電話はお互いの声をやり取りするため)発信(上り)も受信(下り)も同じだけの帯域を必要とする。道路に例えると、上りも下りも2車線ずつ用意しなければならない。

しかし、TD-LTEは上りと下りで同じ車線数を用意しなくてもよい。一般的に、ユーザーは受信量のほうがはるかに大きい(例えばあなたがTwitterに1回書き込む(送信する)間に、何人分もの書き込みを受信して読んでいるだろう)。車に例えれば、上りを走る車が10台しかいないのに、下りは100台いるようなものだ。上りと下りで同じ車線数にしてしまうと、上りはスカスカなのに、下りは大渋滞で速度が出せなくなってしまう。このため、上りを1車線、下りを3車線といったようにすることで、(道が広ければ速度を出せるので)下りの速度を早くすることができる。
こうしてTD-LTEは、FDDと比べてより速い受信速度を実現している。


にほんブログ村 デザインブログ 広告デザインへ Chada - MyMiniCity ブログセンターへ blogram投票ボタン
関連記事

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

|

Copyright © 1999-2009 エピカリスの社長ブログ. All Rights Reserved.

/for one column -->