FC2ブログ
エピカリスの社長ブログ HOME 雑談 > 太陽電池のしくみ?
2012年06月17日

●太陽電池のしくみ?  


なぜ光が当たると
電気が出来るのでしょうね。

要するに発光ダイオードの逆のことをしてるらしい。
最近はLEDと言った方が通りが良いです。
発光する半導体素子ですね。

直感的には、なるほどと思います。

太陽電池のしくみ

現在最も多く使われている太陽電池は、シリコン系太陽電池です。この太陽電池では、電気的な性質の異なる2種類(p型、n型)の半導体を重ね合わせた構造をしています。
太陽電池に太陽の光が当たると、電子(-)と正孔(+)が発生し、正孔はp型半導体へ、電子はn型半導体側へ引き寄せられます。このため、表面と裏面につけた電極に電球やモータのような負荷をつなぐと電流が流れ出します。


にほんブログ村 デザインブログ 広告デザインへ Chada - MyMiniCity ブログセンターへ blogram投票ボタン
関連記事

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

まとめtyaiました【太陽電池のしくみ? 】 from まとめwoネタ速neo
なぜ光が当たると電気が出来るのでしょうね。要するに発光ダイオードの逆のことをしてるらしい。最近はLEDと言った方が通りが良いです。発光する半導体素子ですね。直感的には、なるほどと思います。太陽電池のしくみ現在最も多く使われている太陽電池は、シリコン系太陽?... [Read More]

|

Copyright © 1999-2009 エピカリスの社長ブログ. All Rights Reserved.

/for one column -->