FC2ブログ
エピカリスの社長ブログ HOME 雑談 > イラレが25周年?
2012年07月09日

●イラレが25周年?  


昔から一番使ってるソフトですかね。
多分バージョン3からです。

イメージセッタで印画紙に
1,200dpiで出力とかもありましたが
LaserWriterでプリントした物を
厚紙に貼って、トレペを掛けて
色アミの指示とか書いた版下にして
入稿もしてました。

この頃はファイルの中が
テキストエディタで開いて
ポストスクリプト言語がASCIIで読める形でしたよね。
座標とか色とか書かれているだけでしたから。

今のイラレはファイルの中身がBINARYで見てもサッパリ。。

イラレも進化して随分遠くへ来た物です。

Adobe Illustrator 25周年:ヒストリー(前編)- ADOBE DESIGN MAGAZINE

Illustratorの長い歴史の中には、各バージョンごとに忘れられない物語があります。印刷業界へ革命を起こし、常に最先端の技術を切り開いてきたIllustratorだからこそ、物語に大きな意味を持っています。アプリケーションの進化が、果たしてクリエイティブな部分へどのように影響を与えてきたのか。各バージョンごとのエピソードで探ってみましょう。


にほんブログ村 デザインブログ 広告デザインへ Chada - MyMiniCity ブログセンターへ blogram投票ボタン
関連記事

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

まとめtyaiました【イラレが25周年? 】 from まとめwoネタ速neo
昔から一番使ってるソフトですかね。多分バージョン3からです。イメージセッタで印画紙に1,200dpiで出力とかもありましたがLaserWriterでプリントした物を厚紙に貼って、トレペを掛けて [Read More]

|

Copyright © 1999-2009 エピカリスの社長ブログ. All Rights Reserved.

/for one column -->