FC2ブログ
エピカリスの社長ブログ HOME 雑談 > 室内型プロジェクションマッピング?
2014年01月23日

●室内型プロジェクションマッピング? 

20131219_899324.jpg


建物に写すような、大規模な
プロジェクションマッピングも良いですが
室内型というのも面白かったです。

ショウウィンドウなどでも良いですね。
それなりの費用が掛かってしまうので
その辺がネックかなぁ。。

1月31日(金)まで道玄坂で観られます。

「Mapping×Mapping×Mapping-プロジェクションマッピングの部屋展-」 | +SANOW LABs.(サノウラボプラス)

「Mapping×Mapping×Mapping」は、「プロジェクションマッピング=大規模な建築物に投影するもの」というイメージを覆し、「+SANOW LABs.」の一室という限られた空間の中で映像と構造物によりプロジェクションマッピングの世界を作り出す、室内型プロジェクションマッピング展です。展示作品は、2013年10月に開催された「逗子メディアアートフェスティバル2013」で行われた「Small Projection Mapping competition」における、グランプリ受賞作品と招待作品の全3作品で構成されます。


にほんブログ村 デザインブログ 広告デザインへ Chada - MyMiniCity blogram投票ボタン 

関連記事

メイン

コメント

●Re: 時々思うのですが
確かに・・・

人に観て欲しい物はそれなりの努力をしないと
自己満足で終わってしまうかも。。
●時々思うのですが
写真作家の方々の展示方法っていろいろ有っても良いと思うんですよね。

私のような普通の写真でもデジタルフォトフレームでやるとか、プロジェクターで投影するとか、映像の展示の流れで人を誘導するとか・・・

並べるだけが展示じゃないと思うんです。

プロジェクションマッピングも、これも使えると思うんです。

特に写真作家や映像作家のかたは、展示方法を自由にすることが可能だと思うんですよねぇ。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

|

Copyright © 1999-2009 エピカリスの社長ブログ. All Rights Reserved.

/for one column -->