FC2ブログ
エピカリスの社長ブログ HOME 雑談 > 好奇心の窓?
2014年04月13日

●好奇心の窓? 


確かに最近新しい音楽というか
ミュージシャンとの出会いが少ない気もします。
もともとお気に入りは少ないのですけどね。

なにかを気に入ると
ハードローテーションですから。

今は、何だろう。
久石さんのピアノ作品が多めかな。




「好奇心の窓」によって音楽の好みは20代のうちに固定されてしまう - GIGAZINE

音楽などの嗜好と年齢の関係を研究したロバート・サポルスキー氏は、「人は人生の中で20歳を過ぎると音楽の好みに対する『好奇心の窓』が閉まり始める」と話しています。

35歳ごろには窓がほぼ閉じきった状態になるので、たとえ新しい音楽のジャンルが流行しても、約95%の人は聞くことがないとのこと。「好奇心の窓が閉じる」というのは食べ物やファッションについても同様で、「舌にピアスを開ける」というような過激な文化に対しては23歳までに好奇心の窓が閉じてしまい、新しい食べ物への挑戦は39歳が限度である、とサポルスキー氏は述べています。

音楽の嗜好は自らの性格に影響するほか、相性の良い友人や恋人を探す判断材料としても有効です。音楽の嗜好は両親や流行によっても左右されやすく、23歳からは好みの固定が始まってしまいますが、自発的に関心の薄かったジャンルの音楽を聞いてみると、新しい世界が広がるかもしれません。


●にほんブログ村
●MyMini City
●blogram 
関連記事

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

|

Copyright © 1999-2009 エピカリスの社長ブログ. All Rights Reserved.

/for one column -->