FC2ブログ
エピカリスの社長ブログ HOME 雑談 > C種は海の家とか?
2014年06月05日

●C種は海の家とか? 


近くにある国立競技場ですが、
結局、取り壊して建て直すらしい。

あのデザインを活かして、
改築すれば良いのにと思ってたのですけどね。

大丈夫なのかなぁ。

新国立競技場の基本設計は出来上がっていない!②|建築エコノミスト 森山のブログ

屋根に用いられる膜材にはA種、B種、C種、テント倉庫用の4種類ある。たとえば、東京ドームはA種という、フッ素樹脂コーティングしたガラス繊維材を使用している。
頑丈だが、曲げるとガラス繊維が折れるため、折りたたみ式にはできない。
C種は塩化ビニール合成樹脂の合成繊維(主にポリエステル)で、折りたためるが耐久性で劣る。

 膜構造屋根の建設実績が豊富な企業の担当者は、
「A種は東京ドームで25年以上維持できており、まだ交換しなくても大丈夫。C種は10〜15年程度で交換を検討しなければならない。そもそもC種は仮設で使われることが多い」

C種はなあ、海の家とかイベントとかの一時的使用くらいしか通常は想定できないんだよ!


●にほんブログ村
●MyMini City
●blogram 
関連記事

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

|

Copyright © 1999-2009 エピカリスの社長ブログ. All Rights Reserved.

/for one column -->