FC2ブログ
エピカリスの社長ブログ HOME 雑談 > 固体高分子形燃料電池 ?
2014年06月30日

●固体高分子形燃料電池 ? 


例の燃料電池車(FCV)は、
トヨタ、ホンダ、日産とも
全てPEFC(固体高分子形燃料電池 )らしいです。

低温駆動でコンパクトなところが理由。
触媒が白金なのですよね。

燃料電池 - Wikipedia

固体高分子(膜)形燃料電池(PE(M)FC, Polymer Electrolyte (Membrane) Fuel Cell)は、イオン交換膜を挟んで、正極に酸化剤を、負極に還元剤(燃料)を供給することにより発電する。イオン交換膜としてナフィオンなどのプロトン交換膜を用いた場合は、プロトン交換膜燃料電池(PEMFC, Proton Exchange Membrane Fuel Cell)とも呼ばれる。起動が早く、運転温度も80-100℃と低い。水素を燃料に用いる場合では、触媒に高価な白金を使用しており、燃料中に一酸化炭素が存在すると触媒の白金が劣化する。発電効率は30-40%程と燃料電池の中では比較的低い。


●にほんブログ村
●MyMini City
●blogram 
関連記事

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

|

Copyright © 1999-2009 エピカリスの社長ブログ. All Rights Reserved.

/for one column -->