エピカリスの社長ブログ HOME 雑談 > 安全標識は色調整?
2018年04月28日

●安全標識は色調整? 




少しの違いで大きな違いです。

ユニバーサルデザインカラーを取り入れて
安全標識の色調整がなされたとのこと。

日本工業規格(JIS)を制定・改正しました(平成30年4月分)~安全色及び安全標識などのJISを改正~(METI/経済産業省)

安全標識は、遠くからでも容易に「禁止」、「安全」などの指示内容が一目で認識できなければなりませんが、その認識性はデザインと色使いに左右されます。対応する国際標準との整合を保ちつつ、多様な色覚を持つ人々の安全標識に対する認識性を向上させるため、色の組み合わせに対する認識性調査により選定した色(ユニバーサルデザインカラー)」を採り入れたJIS Z 9103(図記号-安全色及び安全標識-安全色の色度座標の範囲及び測定方法)の改正を行いました。これにより、多様な色覚を持つ人々や訪日外国人を含め、多くの人々の安全の確保及び利便性の向上が期待されます。


●にほんブログ村
●MyMini City
●blogram 
関連記事

メイン

コメント

●形を変えなくても...
色を変えることの方が大切なことがありますね。
CUDOのページでも紹介されていました。
http://www2.cudo.jp/wp/?p=3928
●Re: 形を変えなくても...
Photoshopでシミュレーションして見たのですが
劇的には変わらないですね。

この違いが大切と言われるとそうかも知れませんが
CUDは、なかなか難しい世界。(^_^;)

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック